2005年08月23日

日程の話(と、団名あれこれ)

コンサートの日程ですが、年末年始、もしくは、お盆、という選択肢で回答して頂いているところですが、実はかなりの数の人から、「三連休の方がよい」という意見が出ました。

年末年始は、家族の理解が得にくい、お盆は、社会人にとっては普通の土日と変わらない、などなど。
月曜休みの連休であれば、金曜の夜から練習開始、土曜、日曜と練習して、日曜の夜もしくは月曜の昼に本番、という形。
これなら、遠方から一番参加しやすいのではないか、と。

なるほど。
ということで、来年の三連休を調べてみたところ、夏以降だと7月、9月、10月に一度ずつありまして、7月は大学生の試験時期、9月は堀江先生が文化祭でお忙しい。
で、10月8日もしくは9日にコンサート本番、という形にしたらどうかと、運営側の意見は固まりつつあります。大学生は、学校が始まった直後で申し訳ないんですけど。
この時期なら、3日間の練習に全部参加できない人も、お盆に参加してくれれば形を整えることが出来そうですし…。

せっかく団論調査をしているところ申し訳ないのですが、この方向で行こうと思います。
反論ありましたら、コメント欄に書きこむか、メールf-chorus@hotmail.co.jpまでよろしくお願いします。

なお、他二点(通常練習の日程、団名)に関しては引き続きアンケート続行させていただくので、よろしくお願いします。

ちなみに。
今更ながら。ですが、いろいろと、団名のアイディアが集まってきています。
運営側で出ていたものも交えて、ご紹介します。まあ、こんなのもあったよ、ということで楽しんでください。

◆Choir A'(コールエーダッシュ)
(A…英一の「英」を音読み、また、ラの音はドイツ読みでA。ダッシュは、堀江Tの周りに集う私達、もしくは音程高めとかそんな感じ?これ、個人的に良さそうと思ったのですが)

◆Choir 440
(Aと言えば・・・今だと442?@@)

◆合唱団 五奏(ごそう)
(附属の所在地五艘、指揮・ピアノ・ソプラノ・アルト・男声の五つのハーモニー)

◆合唱団 音歌英李(おかえり)
(英一と李理子から一文字ずつ、そして故郷の合唱団ということで…かなりギャグ入ってます。)

◆合唱団 響
(故郷の音、で、響です。まあ、ありがちかな…)

他にもいろいろ出たんですけどねぇ。ホライズン→ホリイズンとか(笑)。(そういえば、13日にホリエコーって意見も出てましたよね。ナイス。と思ったんですが。)
附属のテーマカラー(?)がスカイブルーだからアメリカの風?とか(あなたからのエアメール〜♪です…わかるかな)。「英李友」と書いてエリートと読む、とか。超反感買いそうです。
あ、そうだ、「英友会」の由来は「英一」の友の会です、念のため。

もし、英友会ややまなみよりも、上記いずれかのほうが良い、という意見があれば、コメント欄に書きこんでください。数が多ければ、また考慮いたします…。


posted by クール・ファミーユ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 重要なお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

音程
Excerpt: 音程音程(おんてい)とは、ふたつの音高|音の高さの隔たり、あるいは関係をいう。ふつう七音音階上で考え、1度から8度の音度に分類された上で、細分される。1度はユニゾンとも言われ、この場合の隔たりはゼロで..
Weblog: 音楽を奏でる(理論編)
Tracked: 2005-08-23 07:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。